長尾事務所は東京都立川市で、税理士、社会保険労務士事務所として貴社の経営を全面的にサポートいたします。お気軽にお問い合わせ下さい。

 

ホーム

新着情報

事務所・業務のご案内

書式&相談事例集 ビジネス図書館

便利なリンク集

ご相談・お問い合わせはメールでお気軽に
2016年4月5日
 
長尾事務所

労働保険事務組合
多摩同友会
〒190-0012
東京都立川市曙町
2-34-6
コクーンビル6F
TEL 042-523-5678
FAX 042-522-8388
info@nagao.gr.jp

Facebook



日本語ドメイン対応ブラウザをお使いの方は
長尾事務所.jp でもアクセスできます
!

nagao.gr.jp
 

4月

 さくらの季節もそろそろ終わりですね…
    今年も美しかったです♪♪
 外国の観光客もさくら目当ての人が多いそうな…
        「日本の心」を感じてくれたら、うれしい♪
 ??外国の方は花粉症にはならないのかしら?
      いやいや〜そんなことはないでしょ〜

Pick up 4月の事務所だより

<時間外・休日労働をさせるとき(36協定の届出)>
 使用者は、労働者に対し、原則として法定労働時間を超える労働をさせてはならず、また、休日については法定休日を確保しなければならないとされています。
 ところが、臨時的業務の発生や繁忙期の作業などのため、やむを得ず法定労働時間を超える労働や、法定休日の労働をさせる必要が生じることもあります。
 その様な場合は、あらかじめ労使間で書面による協定を締結し、所轄労働基準監督署長に届出をしておくことにより、時間外労働や休日労働をさせることが可能となります。
 今月の事務所だよりでは、36協定の締結及び届出に関し、気をつけておきたい点を5項目にわけて説明します。

(一) 36協定の概要
(二) 協定事項の注意点
(三) 特別条項
(四) 協定の当事者
(五) 届出・周知

<健康保険 標準報酬月額等の改正>
平成28年4月1日より、健康保険の標準報酬月額等に関する改正が行われます。
@標準報酬月額の等級区分、上限改定
 保険料や傷病手当金等の額を算出する際に用いる「標準報酬月額」は従来の上限額に3等級区分が追加され、139万円が上限額となりました。
A標準賞与額の上限額
 賞与を支払ったときは、賞与額のうち千円未満を切り捨てた額を用いて保険料を算出します。
 標準賞与額に設けられている年度の累計上限額が引き上げられ、573万円となりました。

なお、厚生年金保険の標準報酬月額および標準賞与額については改正が行われておりません。

※その他「障害者雇用納付金制度の対象事業主の拡大」「派遣事業報告書の提出期限等」についても取り上げています。
詳しい内容は今月号の長尾事務所だよりをご覧ください。

※税務関係では、「生産性向上設備投資促進税制のポイント」「法人税 貸倒損失として処理できる場合」等についてのパンフレットを用意しました。ご希望の方には差し上げます。

※「長尾事務所だより4月号」、ご希望の方には郵送いたします。 ご相談・ご質問受け付けております。お気軽にご連絡ください。
(042-523-5678)

    
グレー企業になりなさい!
<お知らせ>
弊所所長の本が遂に完成いたしました!タイトルはズバリ「グレー企業になりなさい!」です。
 所長が社会保険労務士としてスタートしたのが昭和60年1月1日。
 今年の1月でちょうど30年の節目を迎えました。これを記念して「何か形にしたものを残したい」と考え、約1年前から取り組んでまいりました。中小企業の社長さん向けに、やさしい言葉で分かりやすく書いておりますので、肩の力を抜いてお読みいただけると思います。
 購入ご希望の方は、長尾事務所までご連絡ください。
☆定価:1,404円(税込)のところ、1,000円(税込)にて販売いたしております。

今月のビジネス情報・ビジネス図書館新着案内はこちら>>
 


Copyright(c)2005-2007-2007 nagao-office All Rights Reserved.
| HOME | 新着情報 | 事務所・業務案内 | ビジネス図書館 | リンク集 | お問い合わせ